ホーム > Lafcadio通信 > Lafcadio通信 Vol.1
Lafcadio通信

■ Lafcadio通信 Vol.1

1. 社長挨拶

株式会社ワコムアイティ 代表取締役  福光 靖お客様へ

こんにちは、株式会社ワコムアイティ・代表取締役の福光 靖です。

いよいよLafcadio(ラフカディオ)通信が始まります!

本情報発信は、当社が研究開発を進めております、サイン認証技術の情報をいち早く読者の皆さまへお伝えすることを目的としています。

当社は、1993年4月に設立し、受託型のシステム開発でお客様が必要とされているシステム(しくみ)を構築し、課題を解決し、お客様に喜んでいただくことを基本として活動しております。

そんな中で、創業当時から持っている手書きの技術を発展させ、個人の特定ができる認証のしくみとして確立してまいりました。情報漏洩のリスクが大きく叫ばれるなか、今までのようなID、パスワードなどのような認証だけでは、情報漏洩の危険が増すばかりです。
それらを解消するためには、より複雑で、本人しか解除できない、しかし手間やコストをかけないしくみが必要となります。
昨今では、生体認証によりそれを実現する動きがでてきており、いろんな場面で活用が広がっています。

私ども、ワコムアイティが実現するのは、その生体認証の一種ではありますが、唯一、登録情報を変更できるものとして他との差別化を図ろうとしております。
これらの技術を皆さまで体験していただけるように、「LafcadioPASS」というパスワード情報を管理するアプリも公開させていただいております。
更に、我々のサイン認証技術を使い、「Lafcadio」をシリーズ展開してまいります。そのためには、皆さまからのお悩みごとやご要望をいただくことで、その課題を解決できるものと信じております。

今後発信させていただくこの「Lafcadio通信」で、いろいろな情報をお伝えするだけではなく、お客様からの生の声をお聞かせいただければと思います。
当社といたしましても、もっと使いやすい・導入しやすいものとなるよう努力してまいります。
今後のワコムアイティにご期待いただければと思います。

2. Lafcadioの由来

Lafcadioの由来についてご紹介します!

Lafcadioとは

島根県由来の作家、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)に由来しています。
日本の文化を世界に発信した人であり、我々もサイン認証を世界に広めたいと同じ思いを持っているため"Lafcadio"と名付けました。
弊社では今後、サイン認証技術を応用したサービス、製品をLafcadioシリーズとして世に送り出していきます!

3. メディア掲載情報

◆RBB TODAYに掲載されました

情報セキュリティEXPOでの展示内容について取材を受け、記者の方から掲載出来るか分からないと聞いていましたが、無事に掲載されました。
既にご存知の情報かと思いますが、一読いただけると喜びます!

<記事URL> http://www.rbbtoday.com/article/2016/05/20/142146.html

◆テレビ東京「モーニングチャージ」で紹介されました

テレビ東京の番組「モーニングチャージ」内で弊社のサイン認証が紹介されました。
残念ながら動画をご用意することが出来なかったため、一部画像を掲載致します!

Lafcadioサイン認証の画面1 Lafcadioサイン認証の画面2

サイン認証アプリ Lafcadio Passのロゴ

4. Lafcadio開発状況

Lafcadioサイン認証をアピールする鷹の爪団の吉田くんLafcadioシリーズの第1弾としてLafcadio Passをリリースしております。
Lafcadio Pass
とは、サインでパスワードをスマートに管理するアプリです。

↓↓ダウンロードはここだけんね↓↓
http://www.wacom-it.co.jp/products/lafcadio/link.html

SDK(開発キット)

  • iOS版    体験版もご用意しております。ご希望の方は是非ご連絡ください。
  • Android版    鋭意開発中!7月初旬ご提供開始予定
  • Windows版      鋭意開発中!8月初旬ご提供開始予定


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

編集担当より一言

今回から始まりましたLafcadio通信。いかがでしたでしょうか?
トピック内には島根県の方言をさりげなく使っていますので、是非探してみてください。
これからも定期的に皆さんにとって有意義な情報を発信していきます。
今後もよろしくお願いします!

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

最後まで読んでくれて”だんだん”Smile